スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2の故郷にて 

 シルバーウィーク(って今年初めて聞いた。)の連休も終わり、もう来週からは大学の後期授業が始まります。夏季休暇と言いながらその実かなり秋にまで入り込んでいる長い長い大学の休み。果たして授業モードに戻れるのかなぁ、学生さん達も私も。まぁ、否応なしに戻るんだろうけども。

 相方なんとなく改めだんなが研究合宿で留守のこの週末、北海道の姉夫婦が連休旅行の延長で静岡の祖父母の家に立ち寄るということだったので、私も久しぶりに顔を出してきました。

御殿場から見た富士山

祖母が手入れする畑から見た富士山。
午後の日差しにかすみつつ、まだ夏山の面影を残しています。




 祖父母の家ではお米や野菜を作っていて、ちょうどこの連休で稲刈りをしたばかりのところだったため、離れの作業場には脱穀を終えた玄米が所狭しと集められていました。

脱穀後の玄米。

これから袋の口を閉じて倉庫に積み上げていくところ。


 もうあまり手伝えることは残っていなかったけれど、祖母と一緒に少しだけ稲藁干しの作業をしました。イナゴやコオロギがパチパチと跳ね、コンバインの轍にはタニシがごろごろ。アキアカネが飛び交い、用水路には産卵するオニヤンマの姿もありました。小さいころから愛してやまない田舎の秋。本当はもっと頻繁に顔を出さないとなぁ。

サツマイモとほうれん草。

実りの秋のもうひとつの定番、サツマイモ。泥をさっと洗い落としたら驚くほど色鮮やか!

 
祖父母の愛猫、茶々丸。

そして一家の愛猫、茶々丸。忙しそうに台所仕事をする叔母を勝手口から見つめています。
この数分前、段ボールにマーキングしようとしてしかられました。


 コンバインが脱穀しそこねた稲穂を大事そうにひとつひとつ拾い集める祖母の姿を見て、いつも分けてもらっているお米は一粒一粒に本当に感謝していただかなければと、心の中で誓いを新たにしました。ラ米/チリ研究を進めていく中で農業分野に自然とテーマが落ち着いたのは、やはり根っこのところにこの家の存在が影響しているんだろうな。祖父母が元気なうちに、教わりたいことがまだ山ほどあります。

 野菜とお漬物、たくさんもらって帰ってきてしまいました。遊びのない塩辛さの、祖母定番のきゅうりの漬物。だんなが帰ってくる前に、今晩さっそくつまんじゃおー。

  
スポンサーサイト
[ 2009/09/26 19:21 ] 日々の出来事・雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。