スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひと、ひと、ひと。 

 お盆休みかつ相方も調査旅行のため留守ということで、昨日から実家に帰って来ています。静かだなぁ。少し遠巻きに聞こえてくる蝉の声に、夏休みらしい空気を感じます。今週はここで集中して文献を読もうという心づもりでいるのですが、オリンピック中継観たさに引っ張られすぎないかどうか、そこがポイントです。

 今日は、朝から持ってきた文献の一覧表を作って目を通さなければいけない順に整理したりしていたのですが、昼食後の休憩がてら、一昨日観に行った映画の話でも書いてみようかな、と思います。




 映画といえばこの間ポニョを観たばかりなのですが、そのときの記事の最後にちらっと触れた映画『ぐるりのこと』が、恵比寿で二週間の特別上映中ということで、たまの行動力を再び引っ張り出して観に行ってきました。もう都内ではほとんど上映が終了してしまった作品なのですが、ずっと観たいと思っていたので、行けてよかったです(付き合ってくれたちりっこちゃんに感謝)

 感想としてはまず、主演の二人(木村多江とリリー・フランキー)がこれ以上ないくらい映画の空気にしっくりとはまっていて、その二人の言葉のやりとりがいい。とてもいい。ほんとにいい。脇を固める役者さんもすばらしく、本当にいい映画でした。話がとつとつと進んでいく中に、繊細な感情の起伏が丁寧に描かれていて、見終わった後、誰かにやさしく団扇で扇いでもらっていたような心地よさが残りました。

 話のあらすじはオフィシャルサイトにお任せするとして、面倒なこともちゃんとできないことも苦しいこともあるけれど、主人公二人はずっと一緒にいつづけるってことの確かさ。これが、観ている側の心を打ちます。夫婦ってすごいなぁ。いやほんと、じんときました。いつかDVDが出たら、手元に置いておきたいです。

 鑑賞後、すっかり影響されて「大切にできるものは、大切にしないとなぁ…」なんて考えていたら、ふと祖父母に会いたくなりました。8月中に、御殿場行ってこようかな。
スポンサーサイト
[ 2008/08/10 16:23 ] 何でもレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

happy

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。