スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏の道東 vol.3 

 この間の日曜日、「ディス・イズ・ボサノヴァ(原題:Coisa mais linda: Historias e casos da Bossa Nova)」というドキュメンタリー映画を観に行きました。また今度ゆっくりレビューを書きたいと思いますが、心地いい音楽満載でよかったなぁ。まだの方、まったりした音楽が好きなら是非。

 時間経過とともに何だか記憶があいまいになってきてますが、以下、前記事に引き続き、旅行記です。



 旅行三日目は、朝9時過ぎの電車で釧路を出発し、内陸の川湯温泉郷へ向かいました。

 途中で摩周湖にも寄ったのですが、まさに「霧の摩周湖」で何も見えず、HNがmasiwの相方と湖の夢のツーショット写真はなりませんでした。どれくらい見えなかったかというと、これくらい(相方の記事に飛びます)

20070809210850.jpg

昼食は、摩周駅名物ぽっぽ亭の豚丼。
雑穀入りのご飯と、甘辛ダレ・黒胡椒が相性良好でした。


 川湯温泉郷に着いた後は、一旦宿に荷物を置いてから、周囲に点在するちょっとした見所を散策しました。

iouzan.jpg

温泉郷から、遊歩道を歩くこと2~3キロで硫黄山到着。
相方は、ここの売店で木彫り熊のチョロQを購入。


sunayu.jpg

数10センチ掘るだけで温泉が沸いてくるという、屈斜路湖畔の砂浜。
たかをくくらず実際に掘ってみると、結構はしゃげます。


 で、宿に戻った後は、釧路で色々とアクティブに動き回った疲れを癒すべく、のんびりとお湯とお食事を楽しみました。翌日訪れる予定の世界遺産の地・知床に思いを馳せながら、眠りについて3日目は終了です。

suikadura.jpg

日本の温泉宿のご飯って豪華だよなぁ。


----------------------------------------------------------


 それにしても、ここのところひどく暑いですね。私が子供の頃は、30度を越える日なんてひと夏に何回も無かったのになぁ。

スポンサーサイト
[ 2007/08/05 00:59 ] | TB(0) | CM(4)
わぁ、なんて美味しそうな料理!クオリティ高っ!
ところで、ラウタ郎兄やんのトコでも既出済だけど昨晩からサンティアゴ市内に雪降臨。(99年以来)GRAN SANTIAGOが「黒(または灰)」ではなく「白」です。
[ 2007/08/10 01:27 ] tak [ 編集 ]
 日本の食事はレベル高いですよねえ、ほんと。お宿の食事は、ちょっとずついろんなものが食べられて、最終的にはものすごい満腹感。盛り付けも繊細でした。

 で、サンティアゴに雪! ちりぢり草経由で知って、びっくりしてたところです。99年以来って、そりゃまたすごい。今年中にはそっちにちらっと行くと思うので、証拠写真撮っといてくださいね!!
[ 2007/08/10 21:53 ] happy [ 編集 ]
所用でベランダに出たところ、運良く降雪を確認。だから嬉々としてうちのコと写真を撮ったよ。
なかなか乙なイベントだったね。
[ 2007/08/11 01:01 ] tak [ 編集 ]
 いいですねー。お二人のほほえましい姿が目に浮かびます。一方、地球の裏側では、超猛暑に苦しんでおります。朝7時の時点ですでに30度って…凹。これもラ・ニーニャのせいでしょうか。
[ 2007/08/11 12:45 ] happy [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。