スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏の道東 vol.2 

 昨日、云年ぶりにバイトの面接なるものに行ってきました。

 個人指導タイプの学習塾での講師のバイトなのですが、何やらやたらすんなりと採用してもらえました。翻訳の仕事は不定期にしかふってこないし、たとえ小額でも何か定期的な収入が欲しいと思っていたところだったので、あっさり決まってよかったです。

 そんなこんなで、旅行二日目の話。場所はまだ釧路です。



 振り返ってみると、1週間の旅行の中でこの2日目が一番楽しかったような…気がするのですが、そう言い切ってしまうと、この後の旅行記を書くモチベーションが下がってしまうなぁ。でも実際、この日は朝から晩まで満遍なくテンション高めにはしゃいでいました。

 まず午前中は、相方念願のカヌー。

カヌーツアー

3連休明けの平日だったので、人にほとんど出会わずほぼ貸切状態で川下りを楽しめました。


 相方と知り合う前の学部生の頃は、ほぼ毎年、夏になるとラフティングをしに関東北部へ出かけていたのですが、同じ川下りでも、奥利根の激流を行くラフトボートと、蛇行して流れる勾配のほとんどない釧路川を行くカヌーでは、全然趣が違いますね。それぞれにそれぞれの良さがありますが、人のいない朝方の釧路川は本当に静かで野鳥の鳴き声が美しく、とても穏やかな気分になることができてよかったです。ときどき河岸に姿を現す動物達の姿(タンチョウやオジロワシなど)も素敵でした。あと、ガイドさんと釣りキチ三平の話で盛り上がったのもちょっとした思い出です。

 そして、午後はサイクリングと展望台めぐり。

コッタロ湿原展望台

釧路湿原北東部、コッタロ第一展望台からの眺め。


 天気がよかったので、サイクリングは本当に爽快感がありました。木道、カヌーと低い視点から眺めてきた湿原を、最後に高いところから見渡すというのも、何だか達成感があってよかったです。

 最後に、夜は釧路名物炉辺焼きのお店へ。

炉辺焼きのお店、しらかば

厚くて大ぶりのほっけ。ししゃもも信じられないくらい美味しかった。


 前の晩に泊まった宿のご主人に勧められ、「炉ばた しらかば」というお店に行ったのですが、これがすごくいいお店でした。カウンターの中でちゃきちゃきトークを繰り広げる女将さんとのやり取りが温かく、料理にもその人柄がしっかり染み込んでいる感じ。メインの炉辺焼きはもちろん、ふっくらと出汁のきいた牡蠣の小鉢のお通しや、女将さん自ら採ってきたという山菜の煮付け、お店を出際に「持ってくかい?」と言って渡してくれたとうもろこし等々、ほんと、今思い返しても忘れがたい味ばかりです。お品書きに値段がいっさい書いていないというなかなかにスリリングなところも含め、楽しいところですので、皆様、釧路へ行かれる際は是非。

 「しらかば」を出た後は、素面なら歯をカチカチ鳴らすほどの寒さも何のその、ほろ酔い気分で霧の中を宿まで歩き、大満足のうちに二日目は終了しました。

--------------------------------------------------------


 あー、また行きたいなぁ、釧路。
スポンサーサイト
[ 2007/08/02 12:40 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

happy

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。