スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

餃子~。 

 有言実行!!ということで、昨晩は餃子を作りました。

 餃子を皮から手作りようになったのはチリに留学してた頃なので、サンティアゴのアパートの台所を懐かしく思い浮かべたりつつ、のんびりと練って、伸ばして、包んで、茹でて、食べた訳なのですが。

gyoza_1.jpg

合挽肉とレンコンの餃子


 自分で言うのもちょっとアレだけれど、昨日は皮作りがとてもうまくいきました。生地のコシがちょうどいい具合で、皮を一枚一枚伸ばしているときにいい感じの手ごたえがあって、茹で上げたらぷりぷりのもちもちの食感で。

 何だか、料理って精神状態を反映するなぁ、と改めて実感。

 イライラしていたり焦っていたり、気分にムラがあるときというのは、自然と仕上がりも雑な感じなってしまうことが多いのですが、昨日は久しぶりにリラックスして台所に立てました。気持ちに落ち着きがあると、すっと目の前の作業に集中できて変な雑念が入り込まないので、その結果美味しいものができる、ような気がします。

 やっぱ、こうでなくっちゃなぁ。



gyoza_2.jpg

実は具を2種類作りました。こちらは、キュウリ・いり卵・桜海老を生姜風味で。


 やはりというか何と言うか、小麦粉を練るといえば、参考書はウー・ウェンさんの例の本なのですが、「餃子は皮に閉じ込められた季節の野菜の香りを楽しむもの」と考えるようになってから、自分で作る餃子の具のバリエーションがぐっと増えました。キュウリは今回初挑戦でしたが、作ってみたらとても爽やかな香りで、意外に後を引く美味しさにびっくり。

 この本はほんと、色々な発見があってお勧めです。まだの方は是非。

スポンサーサイト
[ 2007/06/23 23:37 ] 食卓 | TB(0) | CM(2)
本日の夕飯は水餃子でした。
そして、HAPPYさんの手作り餃子を思い出しました。
どんなに時間が経とうとも、HAPPYさんの手料理の素晴らしさは、この先忘れることはないでしょう(単に食い意地がはっているだけか???)
[ 2007/07/03 21:48 ] ちりっこ [ 編集 ]
 チリにいた頃より、餃子はちょっとだけ上達したかな…?と思います。なので、食べにおいでー。
[ 2007/07/05 11:49 ] happy [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

happy

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。