スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スイチェンパオ 

 暖かく(というより暑く)なってきたので、そろそろ発酵生地を使ったものでも作ろうかなと思い立ち、久しぶりに小麦粉を練りました。

水煎包(スイチェンパオ):水=蒸す、煎=焼く、包=包む、つまり、包んだものの蒸し焼き。

水煎包(スイチェンパオ)


 小麦粉料理といえば、こちら→『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』。このスイチェンパオも、この本からです。

 肉まんや花巻に使うような発酵生地を使った皮で具を包み、フライパンで蒸し焼きにしたものです。餃子よりも皮がフカフカで、蒸篭で蒸した肉まんには無い焼き目が香ばしいという、いいとこ取りな一品。本のレシピでは、いり卵と桜海老・ザーサイが具になっているのですが、今回は、牛肉とインゲン・干椎茸を醤油とオイスターソースで炒めたものを包んでみました。

 水餃子と同じく「皮が主食で中身がおかず」ということで、昨日の夕飯は、これと簡単な野菜サラダ・冷たいほうじ茶でおしまい。それでも充分満足感があって、同居人にも好評でした。暑い日が続くと、白いご飯を前にしてもなかなかお箸が進まなかったりするのですが、昨日は珍しさも手伝ってか、あっという間にお皿が空になってよかったです。

 惜しむらくは、チリにいる間にこの本を手に入れておきたかった、というところでしょうか。いや、ほんと、この本を開くたびにそう思う。
スポンサーサイト

[ 2007/05/12 11:20 ] 食卓 | TB(0) | CM(5)
おいしそうですね~。

220年前の今日、1787年5月12日に天明の打ち壊し事件がありましたね~。大飢饉があって、大阪の庶民が米屋を襲撃したそうです。そう考えると、おいしいお米が食べれるって幸せですね~。
[ 2007/05/12 12:38 ] ウィル [ 編集 ]
中身がいくらでも応用できて、いいっすよねぇ。お醤油やオイスターソース風味以外にも、ミートソースとチーズ、あんことかも、なかなか良かったですよ!
まじでこの本はもっと早くに買っとけば良かったと思うのであります。
[ 2007/05/12 16:11 ] gatita [ 編集 ]
 具は調理済み、蒸篭も使わないっていう、効率的なところがまたいいですよね。ミートソースとチーズっていうと、ピザまんみたいな感じになるんでしょうか?それも美味しそうです。
 この本、私が持っているのはもう第9刷なんです。結構な部数売れてるんだろうなぁ。実際、いい本ですよね。
[ 2007/05/12 17:21 ] happy [ 編集 ]
いやん、おいしそう。。
[ 2007/05/14 09:55 ] ちりっこ [ 編集 ]
 自分で言うのもアレなんだけど、美味しいのよぅ。食べにいらっしゃいね。
[ 2007/05/14 15:04 ] happy [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
PERFIL

happy

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。