スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧正月 

 横浜の中華街にて旧暦の正月「春節」を祝う行事が開催されるということで、同居人と二人で見物に行って来ました。

zen-rin-mon

横浜中華街の北の入り口、善隣門。


 何年ぶりかで行った中華街はかなりの人手で、春節名物の獅子舞が披露される場所の周りには黒山の人だかりができていましたが、それはそれで活気ある光景として楽しめたように思います。赤い提灯に飾られた中華街は、いつにも増して派手で見ごたえがありました。




スポンサーサイト
[ 2007/02/18 22:49 ] 横浜 | TB(0) | CM(0)

阿波銘菓 

 先週末、所用あって里帰りしていた同居人が、徳島ラーメン、フィッシュカツ、鳴門鯛(地酒)等々、里の味を色々と持って帰ってきてくれました。どこかへ行くと、いつもお土産盛り沢山(食べ物中心)で帰ってくる同居人。どうかそのままでいておくれ。

 で、今回は私が事前にリクエストしたものがあったのですが、それがこちら↓↓。

saoshika.jpg

御菓子司・冨士屋の逸品、「小男鹿(さおしか)」


 小豆・粳米・和三盆糖、そして山芋を使った蒸菓子で、鹿をイメージしたほっこりした見かけと、優しい甘味が秀逸なひと品です。山芋っていうところが面白いですよね。程よくしっとりした食感は、きっとそこから来ているのでしょう。

 ろくに稼げない学生である私達にとっては、まったくもって贅沢品な御菓子なのですが(結構いいお値段)、「せっかく徳島に行くのなら…」とすがって買ってきてもらいました。これからしばらく白飯と梅干で過ごさねば。←ウソ

 徳島、いいところです。うん。
[ 2007/02/14 23:06 ] 食卓 | TB(2) | CM(2)

田舎 

 ちょっとした用事があって、静岡にある祖父母の家に行ってきました。前に行ったのは留学前2004年の夏なので、かれこれ2年半以上ぶりの訪問でした。

 箱根の山と富士山を近くに眺めることのできる田舎に住む祖父母。高速道路の傍にできたアウトレットモールの影響もあって、駅前の方は大分開けているのですが、祖父母の家の周りにはまだ田んぼや雑木林が多く残っています。朝昼晩と1日3回の地元ラジオ放送(催し物や訃報などの地域情報が流れる)も健在で、縁側で自家製の漬物をつまみながら緑茶をすするのが、本当にしっくりとはまるような空気のところです。

kintoki-san.jpg

雲をかぶっているのは、金時山。
山の向こうは箱根です。

 
 孫娘が日本を留守にしている2年の間に、喜寿を過ぎた祖父母はあちこち体を壊したり、親戚筋で不幸が重なったりと色々あったのですが、そこそこ元気そうでちょっと安心しました。

 で、どうやら、元気のもとはコレ↓↓っぽいです。


[ 2007/02/11 00:56 ] 日々の出来事・雑感 | TB(0) | CM(0)

ローピン 

 毎日ご飯を作るとき、自分の食べたいものと同居人の食べたそうなものと、4対6くらいの割合で思いを巡らせるのですが、何故か結果は7対3くらいの感じになるこの不思議。何でだろう。

 えーと、久しぶりに、食卓カテゴリの話題です。

rou bing

ローピン(肉餅)。


 これ、『ウーウェンの北京小麦粉料理』という本に載っていて、先日初挑戦したものなのですが、ビギナーズ・ラックが働いたのか非常にうまくいきました。

 小麦粉をぬるま湯で捏ねた生地を伸ばして、折りたたむことでできる層の間に肉餡をはさんで焼きあげます。中華風の大き目のおやきといった感じですが、肉がしっかり入ることでボリューム感があるし、これに野菜多めのスープをつければ立派なご飯になります。生地から捏ねて作る…というと大変そうですが、実は菜箸でぐるぐる混ぜるだけなので、お好み焼きを作るくらいの手軽さでできてしまうところも素晴らしい。

 同居人にもうけがよく、ここ最近では一番のヒット・メニューとなりました。今度は、刻んだ筍を入れるとか、肉餡を少しアレンジして作ってみたいです。

 この本、もっと早くに購入して、チリに持っていけばよかったなぁ。
[ 2007/02/06 22:49 ] 食卓 | TB(1) | CM(4)

夜なべのお供に 

 先週、どうしても終わらせたい原稿があったため、夜を徹して作業する日が続きました。

 …といっても、その分朝遅くまで寝ていたりするので、我ながら本当に無意味な徹夜だったりする訳ですが。どうして原稿を書いていると生活が夜型にずれ込んでいってしまうのだろうなぁ。駄目だなぁ。

 こちら、そんな深夜の原稿書きのお供。

cabuk corba

トルコ土産のインスタント・スープ(クノール社製)。


 トルコ料理の定番スープ、メルジメッキ・チョルバス(レンズマメのスープ)のインスタント・バージョンです。同居人がトルコで15袋くらい買って来たのですが、ちょこちょこ無断で飲んでいたら、私がほとんど飲みつくしてしまいそうなのは秘密です。

 イスタンブール近代美術館グッズのマグカップで飲むと、横浜にいながらにしてトルコにトリップできます。口腔内だけ…。

[ 2007/02/06 02:26 ] トルコ | TB(0) | CM(0)
PERFIL

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。