スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ふるさとの味 

nashi_1.jpg

昨日、実家から送られてきました。


 冷たい低気圧の影響で先週末辺りから急に涼しくなり、オリンピックも終わったしそろそろ秋到来か…などと思っていたら、ふるさとから秋の味覚が届きました。

 全国的に、梨、といえば一体どこを思い浮かべる人が一番多いでしょうか?

 家から自転車で5分圏内に4~5件の梨農家がある環境に生まれ育った私にとっては、「千葉といえば梨、梨といえば千葉」なんですよねえ。

 小学校の図工の時間には初夏の梨園で梨の花をスケッチし、夏休みの終りには学童保育で梨狩りへ。家庭科の時間にはリンゴではなく梨の皮むきでその長さを競い、運動会のお弁当のデザートの定番は梨。そんな訳で、千葉の特産品として全国的に知られているらしい落花生以上に、私にとって梨は紛れも無いふるさとの味なのです。



スポンサーサイト
[ 2008/08/27 19:42 ] 食卓 | TB(0) | CM(2)

餃子~。 

 有言実行!!ということで、昨晩は餃子を作りました。

 餃子を皮から手作りようになったのはチリに留学してた頃なので、サンティアゴのアパートの台所を懐かしく思い浮かべたりつつ、のんびりと練って、伸ばして、包んで、茹でて、食べた訳なのですが。

gyoza_1.jpg

合挽肉とレンコンの餃子


 自分で言うのもちょっとアレだけれど、昨日は皮作りがとてもうまくいきました。生地のコシがちょうどいい具合で、皮を一枚一枚伸ばしているときにいい感じの手ごたえがあって、茹で上げたらぷりぷりのもちもちの食感で。

 何だか、料理って精神状態を反映するなぁ、と改めて実感。

 イライラしていたり焦っていたり、気分にムラがあるときというのは、自然と仕上がりも雑な感じなってしまうことが多いのですが、昨日は久しぶりにリラックスして台所に立てました。気持ちに落ち着きがあると、すっと目の前の作業に集中できて変な雑念が入り込まないので、その結果美味しいものができる、ような気がします。

 やっぱ、こうでなくっちゃなぁ。



[ 2007/06/23 23:37 ] 食卓 | TB(0) | CM(2)

スイチェンパオ 

 暖かく(というより暑く)なってきたので、そろそろ発酵生地を使ったものでも作ろうかなと思い立ち、久しぶりに小麦粉を練りました。

水煎包(スイチェンパオ):水=蒸す、煎=焼く、包=包む、つまり、包んだものの蒸し焼き。

水煎包(スイチェンパオ)


 小麦粉料理といえば、こちら→『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』。このスイチェンパオも、この本からです。

 肉まんや花巻に使うような発酵生地を使った皮で具を包み、フライパンで蒸し焼きにしたものです。餃子よりも皮がフカフカで、蒸篭で蒸した肉まんには無い焼き目が香ばしいという、いいとこ取りな一品。本のレシピでは、いり卵と桜海老・ザーサイが具になっているのですが、今回は、牛肉とインゲン・干椎茸を醤油とオイスターソースで炒めたものを包んでみました。

 水餃子と同じく「皮が主食で中身がおかず」ということで、昨日の夕飯は、これと簡単な野菜サラダ・冷たいほうじ茶でおしまい。それでも充分満足感があって、同居人にも好評でした。暑い日が続くと、白いご飯を前にしてもなかなかお箸が進まなかったりするのですが、昨日は珍しさも手伝ってか、あっという間にお皿が空になってよかったです。

 惜しむらくは、チリにいる間にこの本を手に入れておきたかった、というところでしょうか。いや、ほんと、この本を開くたびにそう思う。
[ 2007/05/12 11:20 ] 食卓 | TB(0) | CM(5)

カスエラ再び 

 暑い。しかも蒸してる。5月のこの時期で既に28度って、おかしくないですか。思い返すと、サンティアゴの夏は快適だったなぁ…。3年ぶりの日本のじっとりした暑さは、結構きついです。

 暑いと食欲も減退しがちですが、まだ梅雨も来てないのに、五月病を飛び越えて夏バテに陥る訳にもいきません。ここは、きちんと食べなければ。

 そんなアレで、またカスエラを作ってみました。今度は「もどき」ではなく、それなりにきちんと所定の具を揃えたので、見た目もぐっとそれっぽく仕上がりました。

カスエラ・デ・アベ

骨付き鶏モモ肉を、どーんと1人1本。


 食欲いまいち…と言いながら、綺麗に一皿完食できてしまった。カスエラってすばらしー。
[ 2007/05/10 01:03 ] 食卓 | TB(2) | CM(10)

胡麻バター 

 カスエラの日記を書いた翌朝、熱が下がったのですっかり安心していたところ、首筋に何かコリコリしたものができていました。

 コリコリはなかなか取れない上痛みもあり、微熱も復活気味になってきたので、昨日は観念して病院へ。診断結果は、リンパがかなり腫れているということで、おそらく何らかの細菌性の感染症だろうということでした。10数年ぶりに血液検査を受け、その結果は来週までおあずけ。とりあえず抗生物質と抗炎症剤が処方されました。


 やれやれ。


 気を取り直して、最近作って美味しかったものの話を。

胡麻バターのとろんとした旨みと、ニンニク、酢醤油のソースが絶妙な組み合わせ。

カジキマグロのソテー、胡麻バター乗せ。





[ 2007/04/26 11:54 ] 食卓 | TB(0) | CM(2)
PERFIL

happy

autor:happy

claves:ラ米、チリ、トルコ、横浜、徳島、千葉、北海道、ワイン、旅行、料理、スペイン語…etc.

"patiperr@"とは、チリの言葉で「旅烏」の意。フットワーク軽く、日々を楽しんでいけたらいいなと思っています。チリ留学時代のブログはこちらへ。

ブロとも申請フォーム
busqueda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。